i r o i r o

NATIVE WORKS.さん 

c0134522_13495355.jpg
6月11日から群青で5日間のみ、お洋服を中心に展示販売していただくことになっているNATIVE WORKS.さん。 
 この企画展『Trip. NATIVE WORKS.exhibition in Fukuoka』のDMは皆様お手元に届きましたでしょうか?
 DMを郵送させて頂いた方にはこんな小さなお手紙も添えさせて頂きました。

c0134522_13443572.jpg奈良で独自の視点で素材を選び
もの創りをされているNATIVE WORKS.。岸本賢一さんと安田哲子さんのユニットです。
奈良の東大寺の近くにあるアトリエでお洋服を中心に制作をされています。
併設のショップは週末のみのオープンですが
NATIVE WORKS.のお洋服以外にもセレクト雑貨などが並びます。

お二人の作り出すお洋服は
素材の良さが生かされたシルエット、女性らしいライン、緻密なテクニックを
要するもの...などその魅力は一言で語ることができません。

今回、縁あってこの企画展を 群青 でして頂けることになりました。
私はお二人の雰囲気がとても好きです。
ゆっくりした空気感を醸し出しながらもとても強い何かを持たれているのだな...と
いつも感じています。
そんなお二人が作り出すお洋服。是非手にとって見て頂ければ、と思います。

展示期間中、お二人も毎日 群青 に居て下さいます。
お洋服の話、奈良の話、物の話、お二人のお話。いろんなお話を聞かせて下さると思います。
私も今からとても楽しみにしています。
6月11日から15日まで。初夏の大濠公園も散策しつつ、是非 群青 までお出かけ下さい。
 


 今回の企画展で九州初上陸となるNATIVE WORKS.さんの作られるモノたち。きっと彼らの事をご存じない方もいらっしゃるだろう、と少し私なりのご紹介文を書かせて頂きました。
 5日間と短い期間ですがNATIVE WORKS.さんの商品はネット販売でも通信販売でも買うことはできませんし、また、手にとって見て頂く機会もなかなかないと思います。私はとにかく彼らの作品を手にとって質感や空気感、匂いも含めてすべて感じてほしいな、と思っています。私は彼らのスプリングコートを1着持っています。3年ほど前に作ってもらいました。注文してから少し時間が経って「出来上がりました」と連絡が入った時、すごくうれしかったのを覚えています。届いた荷物を開けて袖を最初に通した時は自分がすごく素敵なヒトになったような気がして思わず自分に惚れてしまいそうになりました。(まさに自惚れ‐ウヌボレ‐!!)このコートはまた近ぢかこのブログでもご紹介(ただの自慢になってしまいそうですが・・・)したいと思います。

 6月11日から15日まで。短い期間で申し訳ないですがぜひぜひ群青まで足をお運び頂けたら、と思います。NATIVE WORKS.のお二人は期間中毎日群青に居てくださいます。
 
 ※追記ですが、今書店に並んでいる「天然生活」7月号。
 NATIVE WORKS.のお二人が紹介されています。ぜひそちらもご覧になってみてください。群青での展示会の事はこちらでも紹介していただきました。→  
c0134522_14102883.jpg

[PR]
by iroirostyle | 2010-05-26 14:10 | 群 青