i r o i r o

Chicken

c0134522_1932547.jpg


この古いボタンたちを選んでいたら
前の店からすごいくしゃみの音がした。
今まで聞いたことのないようなニワトリの鳴き声のような甲高いくしゃみの音。
おかしくて噴出してしまいました。

するとこの店の店主が私の耳元でささやく。
「なんであんなくしゃみが出るか分かるか?
彼は毎日チキンを食べているからだ。」

。。。

え!ホント!?

と驚いた顔で一瞬の間を空けて聞き返そうとした私に
彼に背を向けて私のすぐ前に座っていた彼の奥さん(たぶん)が「うそ。うそ。」と目配せする。

でもおかしくて笑ってしまった私。
とにかく何故かツボにはまってしまって笑い続ける私に
「チキンは嫌いか?
そうか。好きだよね。分かるよ。
僕も大好き。でも毎日食べたらだめ。危ないよ。
なぜならあんなくしゃみが出るようになるから。」


「日本人はお茶が好きでしょ?
僕らもお茶がすきですよ。
いつも話したり、仕事したり、ゆーっくりリラックスしながら
お茶を飲みながら。。。
チキンスープを飲みながら。。。

何?何がおかしいの?」

「そうそう。
猫飼ってる?飼ってないの?そう。。残念。
僕は猫が大好き。だって猫もチキンが好きだから。
どうしてあんなに猫はチキンの骨がすきなんだろうねえ。
いつもチキンスープの店の裏には猫のために骨が捨ててあるでしょ?
猫たちはそれをずーと舐めているでしょう?
僕も猫に生まれたかった。だってずーっとチキンの骨を舐めていられるでしょ?」


「じゃあ。チキンは飼ってる?
え?飼ってないの。。。

そうか。僕も飼ってないよ(笑
なぜ聞くのかって?
だって今君が見ているアンティークのベルト。
それを買って君のチキンに着けてあげればいいのにって思ったから。
これはチキンのベルトなんだよ。
ほらこうやってチキンの首に巻きつけて。。。

時々きつく締めると死んじゃうけどね。

でも死んじゃっても食べればいいでしょ?チキンはいいよね。。。」


彼の奥さんがずーっと「信じちゃだめ。。。うそよ。うそ。」と
目配せしているのも知らずに彼のチキントークは延々と続く。。。
[PR]
by iroirostyle | 2010-07-19 19:53 |