i r o i r o

無題

この前、見せてもらっていた絵本。実は唐突によみがえった記憶があります。
海の夢。
大きく高く地球全体で揺さぶりをかけられているような、どうしようも無いほど強い波の夢を
ある時期定期的によく見ていました。
いつもその大きく高い波の中を私はどこかに向かって進んでいました。
時々自分の前後左右が宙になるほどの高い波のてっぺんで頭がすぱっと水の上に出たり。

それは泳いでいたり、流されていたり、時には船に乗っていたり、時には潜水艦に乗っていたり。。。
夢を見ている間はなぜかとても怖いので、
ドキドキする胸の音が、夢の最後の方でやたらと自分の耳に残る。
溺れているわけではないのだけれど、でもああ、、、こうやってやっぱり私は海に何かしらの仕返しをされているんだ、という仕方ないのだという絶望感や罪悪感に深く深く包まれていく。

でも。
私はこの夢が好きでした。
いつ私の眠りの中にやってきてくれるのか
実は秘かに待っていたのです。

そういえば最近この夢を見ていない。
c0134522_23403599.jpg

[PR]
by iroirostyle | 2010-08-03 22:54 | 暮らし